建設業で年収査定に関係するポイント!

建設業では、資格の有無や経験年数になどにより年収が決まります。今回は、建設業の年収がどのようなポイントで決められているのかについて解説したいと思います。ぜひチェックしてみてください。

 

  • 資格

建設業の仕事は技術や専門性が求められるため、資格の有無は年収に大きく影響します。取得している資格だけでなく級によっても年収が変わり、200万円前後は資格で変わると言われています。

 

  • 経験年数

経験年数はその人の戦力を表しています。経験の長い方と経験の浅い方では、年収に2倍の開きがあると言われています。

 

  • 役職

給料には役職手当というものがあり、役職を持っているとその分年収も高くなります。先ほどの経験年数と同じく、役職の有無により年収が2倍以上変わってきます。

 

  • 残業

建設業は締め切りに厳しい業界ですので、しばしば残業が発生します。残業すれば残業代が発生するので、その分年収が高くなります。残業の多い人は、年収700万円以上となることも珍しくありません。

 

株式会社T's selectionでは現在内装工を募集しております。経験や年齢は問いませんので、八王子周辺で働くことができる方はぜひご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

求人サイトはこちら